So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

悲しい現実 [日々感じた事]

いよいよ夏本番ですね〜。毎年、夏の終わりは悲しいので今の時期が結構好きです♩

話は変わり、最近のニュースで気になった事につきまして…。

今、子供達の間で大ブームの『妖怪ウォッチ』について。

自分は子供がいないので、最近の子供のブームには疎かったのですが、さすがにここまで熱いと気づきます。僕達の頃は、ファミコンやキン肉マン消しゴム、ビックリマンシールとか、ワクワクしていたあの頃を思い出します。

『妖怪ウォッチ』を初めて知ったのが、数ヶ月前にニュースの1コーナーでやっていた、妖怪メダルを求めてお父さんが我が子の為に、仕事帰りに品切れ続出のお店を何軒もハシゴする様子。
ずっと買えなくて、何日か後にやっと一個手に入れる事ができて、子供と一緒に大喜びしてる姿が感動的でした。

そして最近の話。妖怪ウォッチの劇場版の前売り券に、個数限定のオマケが着くと言うのだからもう大変です。朝5時から並んでも買えなかった親子もいるそうで、『子供が泣いてます…。』だって…(>_<)

品切れ続出の原因の一つに、転売目的の大人達の影があります。お金目当てにいい大人が買い占めてる状況が想像できます。子供達が買えなくて泣いている裏で、転売で儲けて笑っている大人…。まあこれが現実なんでしょうがないですが、なんか悲しいですね〜(⌒-⌒; )

メーカー側も、もっと製造する事は容易なはずなんですが、これがプレミアム感を出した研ぎ澄まされたマーケティング戦略なんでしょうね。

ブームの終焉までそっと見守りたいと思います。

[関連記事]

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

黒いギャング★ [日々感じた事]

ワールドカップ終わりましたね。
今回優勝したドイツは強かったですね〜。
ブラジルはエース ネイマールの負傷欠場が残念でした。
また4年後も楽しみです♩

話は変わり、最近の家庭菜園の話です。

プランターで育てておりました『サニーレタス』が古くなってきたので植え替えようと、一度全部引っこ抜いて新しい種を蒔こうと、プランターの土を覗いて見ると、ダンゴ虫を筆頭に、色々な虫が生息しているのに気づきました。適度な湿度を保った葉っぱのカーテンの下は、虫さん達にとっても快適な住処のようです。そこで、土を一握り手に取ってよく見るとなんと『白アリ』がいるではありませんか!
しかも大量発生してます!
白アリといえば、家などの木の柱を食い尽くす嫌なイメージがあるのでどうしようか考えました。

とりあえずこれらの虫達は日光に弱そうなので、日当たりの良い庭の片隅に土をブチまけて、しばらく放置してました。
『白アリ駆除って結構お金かかるんだよな~』とか思いつつ、数時間後、ブチまけた土を確認してみると白アリが見当たらない…。
全部土のなかに隠れたのかな、と思っていると先ほどと少しだけ違う光景が気になりました…。活発に活動している黒い生物がいる…。

『黒アリ』です。
しかも何匹もいる…。

そしてその中の何匹かに驚くべき光景を見たのでした。

黒アリが白アリを食わえて運んでいる…!!

そして正に決定的瞬間!生きている白アリを見つけたと思った瞬間、襲い掛かる黒アリ!
それはまるで赤子の手をひねるかのように。(白アリ弱っ!!…)

手柄のまだない黒アリは、キョロキョロしながらハイエナのように白アリを探し回っています。
なんとも頼もしい軍団ではありませんか。(白アリがなんだか可哀想に思えてきましたが…)
これぞ弱肉強食の自然の世界。白アリおいしいみたいですね。

それがきっかけで調べてみると、やはり白アリの天敵の一つに黒アリが君臨しているようです。

もしも白アリで悩んでおられる方がおりましたら、一度黒アリを捕まえて放ってみると面白いかと思います。(体が大きくて動きが活発なやつほど良いです)結果、黒アリが増殖しそうな感じですが…(^_^;)

人生の壁 [日々感じた事]

おはようございます。本日は早起きしてワールドカップの日本×コロンビア戦を観ました。
この試合に勝たないと、決勝リーグに進む道が絶たれるという運命の一戦。

前半PKで一点取られたものの終了間際に岡崎選手が素晴らしいヘディングシュートを決めてくれました。1対1という、まだ可能性を十分に残して挑んだ後半戦。

相手のエース、ハメス ロドリゲス選手が参戦し、いいようにやられてしまいました。
コロンビアは決勝リーグ進出が確定してるので、前半はベストメンバーじゃなかったんですね〜。
攻撃的な攻めで日本にもチャンスがたくさんありましたが、点が入らない。

一方相手は、カウンターからのチャンスをしっかり決めてくる…。

『決定力の差』を明らかに感じました。

残念ながら結果は1対4で完敗してしまいました。明らかにそこに世界の壁が存在していました。
この敗戦を糧に、4年後は更に強くなったチームでまたワールドカップに出場できる事を期待しています。

同じように、私達にもよく『人生の壁』が立ちはだかります。壁に弾かれてなかなか前に進めない時、諦める事は簡単です。違う道を選んだとしても、そこにもまた壁が立ちはだかります。

そうこうしているうちに、一番楽な所に落ち着きがちです。

楽な居場所…。そこに明るい未来はありません。(既に成功している人は別)
ただ今なんとかなっているだけ…。実はそこが自分をダメにする最も危険な場所。

そう、大抵の場合、明るい未来の希望の光は壁の向こうにあるのです。

いくら高い壁だって、階段を一段ずつ作って行けば必ずいつか乗り越えられます。(※生きているうちにやること)
体当たりで突き破ってもいい。やらずに諦めるよりもまずやってみる。見かけだけで実際はペラペラの薄い壁という時もあります。回り込んで裏側に行く方法だってあるかもしれない。ようはアイデア次第。

いつもそう自分に言い聞かせ生きていこうと思います(^-^)




前の3件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。